タイトモールド工法とは ... タイトモールド工法の特徴 基礎断熱! シロアリ問題を解決! 高い耐久性と耐震性! コストダウン! ... 施工の流れをご紹介

自然エネルギーを使った基礎断熱で省エネ住宅!

タイト・モールド工法冬にスリッパを履かずに歩いた時、床が「冷たい!」っと思ったことはありませんか?
これは基礎にしっかりとした断熱がされていないため、床下に冷たい空気が流れこむため起こる現象です。当然、床が冷たければ、部屋全体の温度も下がりますから、床暖房やエアコンをつけたりと、光熱費もかかります。そう、家の断熱性、省エネ性は実は全て基礎次第と言えるかもしれません。

そこで、タイト・モールド工法では「外側基礎断熱」を採用し、1階の床の性能を上げ、夏は涼しく冬は暖かな床を造りあげます。

タイト・モールド工法一方、基礎のコンクリート自体を断熱材で覆う「基礎断熱」だと、コンクリートに熱が伝わりにくくなります。冬の日差しは家の中まで入ってきますので、床に伝わった太陽熱エネルギーが床下に伝わり、基礎コンクリートに蓄熱され、温かい床下空間を作ります。蓄えられた熱は夜間に「放熱」され、床下から家の中が暖められるのです。

さらに、地面の温度は、1 年を通じてほぼ一定に保たれていますので、この地面の温度が、基礎を伝わって床下空間に伝わると、夏涼しく、冬暖かい空間が生まれます。

太陽エネルギーと地熱エネルギーを使って快適な空間が保たれます。

タイト・モールド工法重要なのは、基礎断熱にも基礎の内側に断熱材を入れる方法と外側に入れる方法の2種類がありますが、内側に入れる方法ではコンクリートに伝わる冷気を防げないことです。

タイト・モールド工法タイト・モールド工法は「外側基礎断熱」を採用していますので、1階の床が夏は涼しく冬は暖かくなります。

外側基礎断熱には、断熱材を伝ってシロアリが侵入してくるという問題がありましたが、タイト・モールド工法はホウ酸入り断熱材と謀議笠木の二重の施策でこの課題を解決しました。